北海道の田舎育ちで糖質制限ダイエット成功済、ちっちゃいアラフォーおじさんの生活改善HACK!!

北海道の田舎出身 営業職のサラリーマン 背も気もちっちゃい(昔ちびデブ、BUT糖質制限ダイエット成功で15㎏体重減成功済!!)アラフォーおじさんが日々の生活をちょっとだけ豊かにできる技(HACK)を実践・紹介します。Twitterアカウント:@start160122

電車でなるべく座れる方法とは

f:id:hi-kenta:20170615002700j:plain

都会に住んでいるサラリーマンならば、

毎日の通勤、満員電車で朝から少なからず疲労をしてしまうのは致し方ないことではある。

だが、できることなら電車に座って通勤したい...。

 

それは、

・電車の始発がある駅を最寄りの駅にできるような地域に住む。

・首都圏であれば「新宿」、「池袋」、「渋谷」などに住み、乗り換えのタイミングで座るチャンスを得ることができる駅を最寄りの駅にする。

そうすることで、比較的容易にかなえることが可能だ。

 

しかし、通勤場所やそれにかかる時間・家賃などの制約でそのような地域に住まいを構えることができる人はほんの一握りだろう。

 

そこで、

毎日・すべての電車に乗っている時間席に座ることは無理でも、少しでも座れる確率を増やす方法があり、ネット上では公開されている。

matome.naver.jp

自分の経験上は紹介されている

・「高校生の前に立つ」

・「座っている2人の中間に立ちつり革を持つ」

がオススメであるが、もう一つ非常に簡単に実践でき、座れる確率を高めることができる方法がある。

 

それは、

 

「女性の前に立つ」

 

ということである。

 

2015年の調査であるが、

男女別に平均通勤時間を見てみたところ、男性は約52分、女性は約39分という結果だったということだ。

news.mynavi.jp

 

男性・女性の通勤時間にはかなり大きな差があり、男性は約52分、女性は約39分、13分女性の通勤時間が短いのだ。

男性平均が52分だから、男性の通勤時間に比べて25%強女性のほうが電車に乗っている時間が短い。

つまり、

男性より女性の前で立ち、席が空くのを待つほうが運よく席に座るための戦術としてかなり得策ということになるのだ。!

 

電車のなかで、どうせ空き席を待つならば、「男性よりも女性の前で」!

 

この方法、簡単でおすすめですよ!!